2006年08月19日

ヒルトン東京ベイのガーデンプール

ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 金曜日を休みにして、一泊二日のプールに出かけました。行き先は、ヒルトン東京ベイ、でもディズニーリゾートには行きません。プールが目的。土曜日の東京方面は最高気温33度だったらしい。
プール付きの宿泊プランのつもりで行ったのだけど、チェックインの時に「プールは?」と聞くと、「ゴールド会員様の特典として、無料となっております」と言われた(イメージと違うけど実害は無いので、ま、いっか)。金曜日の夕方と、土曜日の午前中、家族でプール遊びしてました。
10階の客室から撮ったプールの写真ですが、お昼は人が沢山います。
ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 料金表ガーデンプールの料金表を覗いてみると、高か〜ぁ!。何とビジターで、6,000円。宿泊客でも3,000円。何かの特典があれば、無料で利用できるんだけどね。我が家は、ヒルトンHオーナズゴールド会員なので無料です。無料と知っての、ヒルトン東京ベイガーデンプール狙い。
しかし、何かとヒルトン小田原リゾート&スパのプールと比べてしまうのでした。首都高速渋滞が激しく、横浜から日本橋に寄って、舞浜まで、すっごい時間がかかった。いつもの小田原行きより、所要時間多かった。

バスタタオルは、利用者には誰でも無料で貸してもらえます。浮き輪類のレンタルもありました(500〜1,000円。一番高いのは、幼児用浮き輪。)。我が家の子供たちはマイ浮き輪持参。

さてさて、プールの中は、
ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 小午後4時半ごろ、小さいほうのプールは、我が家だけの貸しきり状態に。浅すぎて、ほんの3分も持ちませんでした。
私のほうは、さっきデッキチェアーに置いたタオルと荷物を、直ぐに持って、また移動。

そして、大きいほうのプールで水遊びに突入。水深が感覚で0.8〜1.2メートルなので、大きいほうのプールでも泳ぐには物足りません。
子供相手の水遊びと、デッキチェアーに寝そべって、時間をすごすという、のんびりが続きます。

ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 1 ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 2

ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 3 ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 4

利用客の殆どは、家族連れだったような感じです。土曜日の10時頃になると、結構混んできました。イモ洗いとまでは言わないけど。入り口のホワイトボードには、「9:50 デッキチェアー、テーブルチェアーともに満席」と書いてありました。我が家が入った時間には、殆どどのチェアーでも席取りできたんですけどね。
ヒルトン東京ベイ ガーデンプール 自主点検時節柄、プールの自主点検のことが、ガーデンプール受付に掲げてありました。気のせいか、監視員(ライフガード)も多い気がする。でも、バイトのお兄ちゃんお姉ちゃんが監視員をしています。ヒルトン小田原だったら、インストラクターが監視員をしています。だから、客のマナーへの厳しさが違います。めがねを掛けていたり、時計をして水に入ろうものなら、ヒルトン小田原なら直ぐにインストラクターに見つかって注意されます(とワイフが言っていた)。でも、ここのプールでは、メガネや時計有りで水に入っているお客さんを複数目撃しました(私、談)。

更衣室も、やっぱりヒルトン小田原と比べてしまう。ここは、ロッカーが上下2段タイプで、狭い、小さい。ハンガーもない。シャワーの数は3つくらい。そう、脱水機がないので、水着が濡れたまま。小田原は、良すぎるのだと思います。

ということで、一度は見ておきたかった、TDRの直ぐそばのホテルのプールでした。




posted by kobayashi at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヒルトン東京ベイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30747232

この記事へのトラックバック

ヒルトン東京ベイの宿泊記
Excerpt: ヒルトン東京ベイ〒279-0031千葉県浦安市舞浜1-8TEL 047-355-7106(宿泊予約直通)FAX 047-355-5019ディズニーリゾート特集ヒルトン東京ベイのお得なプランを探そう! ..
Weblog: 高級ホテル宿泊記リンク集
Tracked: 2007-04-09 23:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。