2006年04月02日

ヒルトン成田のコネクティングルーム

弟の海外赴任見送りのため、ヒルトン成田に前泊の予約をする。Hオーナーズポイントを使って無料宿泊、しかも2部屋。うちは家族5人で、子供3人も幼児ではなくなってきているので、一部屋に入らない。1部屋10,000ポイントで無料宿泊は、すごくリーズナブル。
ヒルトン成田 フロント ヒルトン成田 客室1
とまあ、予約までは良かったんだけど。ビザがまだ下りないとかで、成田空港見送りはキャンセル、でもホテルには泊まってみた。そして、同じヒルトンでもこんなに違うか〜!と思ってしまった。
ちなみに、フロントの写真はチェックイン時ではなく、翌朝のチェックアウトの時間帯です。部屋は意外と広かった。ベッドが2つありますが、ベッドの端から壁までの何も無い空間がある。この空間がすごくゆったりとしていた。(これなら一部屋でも、足りたかもしれない)
ヒルトン成田 客室2 ヒルトン成田 客室3

バスルームは、西洋式のバスタブですが、バスタブにしては深めで日本人向けです。そういえば、シャワーが日本ぽかったです。温水と冷水のノブは独立している、そして、シャワー口がホースで動く。(アメリカのありがちなシャワーは、シャワー口が上のほうで角度だけは動くが移動はしないし、温度調節はできるが水量調節はできない)
ヒルトン成田 バスルーム1 ヒルトン成田 バスルーム2

アメニティーに期待してはいけない。なんかビジネスホテル風です。でもバスローブがあったのには感心。そして浴衣もあった。やっぱり、なんかヒルトンぽくない。
ヒルトン成田 アメニティー ヒルトン成田 バスローブ

私たちがチェックインしたのは午後9時ごろ、そのときに問題が起こる。問題は後で書くとして、。レストランのラストオーダーが21:30らしかったので、夕食は部屋で取ることにした。写真はルームサービスを持ってきてもらって食べているところ。これで11,000円位。高くはなってしまうが、ま、有料で払ったのはこのルームサービス代だけ。お味はというと、はい、おいしかったです。以前にアメリカのホテルのルームサービスで日本人にはとんでもない味のものがでてきた経験が何度もあるので、、、その影響で評価しているのかもしれません。
ヒルトン成田 ルームサービス


次は、朝食をとったレストランと、子供たちの朝食の様子です。ちなみに、この無料宿泊は、朝食付きでした。朝食はバイキング形式なので、子供たちの食事を用意して、やっと自分の食べ物を用意できて席に着いたときには、もう食べ終わっている子がいることも時々あります。
ヒルトン成田 レストラン ヒルトン成田 子供朝食
ちょっと気づいたのですが、私達の朝食券にはHオーナーズ会員向けと書いてあって、空色をしていました。他のテーブルの客たちはみ〜んな黄色の朝食券でした。一見さんのお客が多いことが分かります。半年前に行った米国シリコンバレーのヒルトンガーデンインで朝食を取っている客たちは、殆ど皆、Hオーナーズ会員向けの朝食券を持っていました。

窓から成田空港の管制塔らしきものが小さく見えます。方向はどちらかわかりませんが、朝はこんな感じの風景が見えていました。
ヒルトン成田 客室の窓からの空港

そして、朝のロビーと玄関
ヒルトン成田 ロビー ヒルトン成田 玄関

エレベータ内にはヒルトン4周年と書いてあったので、このホテルって、建物自体はどっかの日本のホテルだったのでしょう。ちっとした造りが日本の習慣になっている。
例えば、客室に天井等があった。客室の照明類のスイッチは、部屋はいって直ぐに、客室カードキー置き場との兼用になっている。
ヒルトン成田 客室電気
そして、この照明スイッチが、今回の宿泊の印象を非常に悪くしてしまった原因の一つになる。

もう子供たちも小さくないので、2部屋使う予約をした。いわゆるコネクティングルーム。ホテルの隣同士の部屋って言うのは、中扉で繋がっていて、客室の外に出なくても、行き来ができるのです。
最初の写真は、一方の部屋から他方の部屋を見た様子。二枚目は、ちょうど真ん中の壁に立って、両方の部屋を写してみました。
両部屋とも鍵付き扉で隔ててあるので、一方の部屋だけその扉を開けても行き来はできません。手回しのロックの場合もあるし(アメリカに多い)、鍵のロックの場合もある(日本に多い)。今回は鍵のロックだった。
ヒルトン成田 中扉1 ヒルトン成田 中扉2

ホテルのフロントに着いたのは、午後9時過ぎ。皆疲れている。フロントで対応してくれてのは、若い人。でも慣れていなさそうだった。「無料宿泊で2部屋」「宿泊カードにサイン」この辺りまでは普通だった。最初の部屋の朝食券とフィットネス券を渡された。(両方一緒にくれればいいのに、と思いつつ)。この辺りから、何か変、応対が異常に遅い。もう一つの部屋の朝食券とフィットネス券をくれた。ここで、間がある。することが終わったのにどうして立っているんだ?という感じの顔。私が問う「部屋はコネクティッドですよね」。フロント「はい。直ぐに空けに行きます」。私が言う「鍵を下さい」。やっと分かったかのように、カードキーの準備をした。片方の部屋しか鍵をくれなかった。フロント「荷物も直ぐにお届けします」。普通は、エレベータは○○ですくらいは案内してくれるのに、そんな言葉は無かった。

部屋に入る。カードキー置き場兼用の照明スイッチが目に入る。何か嫌な予感!!。中扉を探す。手動のロックではない、鍵が必要だ。この状態では一部屋しか使えないじゃないか?
いつ中扉を開けにくるんだろう?待てよ、もし中扉が開いてももう一方の部屋の照明は?
あのフロントマンは、客室に入ったことがないのかよぉ?
怒り爆発★★。フロントに電話する。「2部屋予約して先ほどチェックインしたものですけど。早く、中扉を開けに来てくれ。もう一方の鍵を渡されなかったので、鍵も持ってきてくれ。このままだと、照明がつかない。荷物も届いていないので、早く持ってきてくれ」
しばらくして、ベルボーイが荷物を持ってきた。「中扉は?」「聞いておりませんが、しばらくしたら係りが来ると思います」
係りが鍵を持ってきた。エンベロープにカードキー2枚と、朝食券2枚と、フィットネス券2枚が入っていた。半分あきれる。欲しかったのはカードキーだけ。(ま、全部用意しておいたほうが安全だけど)「中扉を開けてください」。「中扉は別の係りが参ります」。これで評価が地に落ちる。直後に中扉を開けに女性が現われたが。

ヒルトン成田 ルームキー×2

ホテルの印象ってこうも変わってくるものなのですね。

中扉は使わないものだって思っているのがよ〜く分かる。中扉のところにテレビが置いてある。中扉のストッパーが無く、閉まらないようにするためにテレビ代をストッパー代わりにしている。そうするとテレビ代の位置のところの中扉のクロスが擦り切れて汚くなっている。一旦印象を悪くすると、こんなところまで見えてしまう。
ホテルって、箱物じゃないんだよね。接客なんだよね。
特別なことを期待しているんじゃなくって、普通に部屋に入れて普通に食事ができれば、すっごくいいホテルだと勝手に思っちゃうんだけど。




posted by kobayashi at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒルトン成田
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30745466

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。